薬剤師単発派遣・スポットの求人・募集
に強い転職サイト

薬剤師として資格をお持ちで単発派遣、スポットでバイトをしたい、という場合に求人数が多く便利な人材紹介会社をご紹介しています。

夜間パート 薬剤師求人

薬剤師夜間パートのメリット

夜間パートの薬剤師求人は日勤に比べて少ないですね。しかし東京や大阪のような大都市をはじめ、人口の多い都道府県には24時間運営のドラッグストア、調剤薬局がありますから、そのような職場が夜間パートを募集することがありますよ。

他にも、病院のような医療機関が募集するケースもありますし、可能性を絞らずに探すと良いでしょう。

夜間パートのメリットで多いのは以下でしょうか。

まずは時給ですが、日勤よりも高額に設定されていることが多いです。特に深夜勤務になれば割増賃金が発生しますので、時給3,000円~3,500円以上も現実的かもしれません。

薬剤師パートは元々の時給が高いですからね。さらに深夜手当、夜勤手当が付くことで、時給4,000円を稼げるチャンスもあるでしょう。

ただし、深夜24時以降の募集は少ない傾向にありますね。それよりも18時~21時、19時~22時のような時間帯の求人が見つけやすいようです。その場合でも、日勤より高時給で募集されるケースが多いので、ぜひ薬剤師紹介会社に希望を伝えて下さい。

夜間パートは人間関係の悩みが少ない?

薬剤師の夜間パートは『人間関係の悩みが薄い』というメリットもあります。日勤で薬局やドラッグストアで働くよりも、少人数で働ける可能性が高いため、面倒な人間関係から解放されやすいのではないでしょうか。

職場の悩みのトップクラスに

がありますし、接する人間が多ければ多いほど、性格が合わない相手も出てきますよね。

しかし夜間パートなら、昼間の時間帯よりも利用するお客さんが少ないので、薬剤師の人数も少ないでしょう。東京都内の24時間営業のドラッグストアなど、一部例外はありますが、それでも昼間よりは混雑しないはずです。

そうなれば、必然的に薬剤師や登録販売者の数、無資格アルバイトの数も少なくなりますので、気持ち的に楽に働ける可能性が高いですよ。

日中の時間を有効活用できる夜間パート

最後に『日中の時間を有効活用できる』というメリットもあります。単発の夜間パートは別ですが、一定期間、夜間パートで働くなら、日中の時間を効率的に使いやすいです。

明るい内に家事を済ませてドラッグストアへ出勤する、買い物や用事を夕方までに済ませて、その後に調剤薬局へ出勤する、というサイクルで回しやすいですよね。

睡眠時間の調整は必要ですが、もともと夜型なら夜間パートの方が自然ですし、リズム良く働けるのではないでしょうか。

そのためにも、薬剤師紹介会社を利用して求人を見つけて下さいね。無料で利用できますし、今はパート、アルバイトに対応しているサービスも多いので。