薬剤師単発派遣・スポットの求人・募集
に強い転職サイト

薬剤師として資格をお持ちで単発派遣、スポットでバイトをしたい、という場合に求人数が多く便利な人材紹介会社をご紹介しています。

薬剤師派遣の注意点

薬剤師派遣をお考えの方へ

薬剤師として長期、短期、単発派遣と仕事をされる場合、注意したい点がいくつかあります。後々トラブルになりがちな箇所もありまうすから、後から問題とならないように、お互いが気をつけたい所ですね。

薬剤師として派遣で就業するためには、まず派遣の仕組みを理解し、メリット・デメリットを理解しておくことが必要です。

派遣として働く場合には、薬剤師と派遣会社が雇用契約を結び、派遣先へ派遣される形となります。

ですから、期間を定めて様々な職場で働きやすい雇用形態となり、経験を磨くためにいくつかの職場で腕を磨きたい薬剤師の方などは非常に働きやすい雇用形態と言えます。

時に直接雇用に切り替えないか?と派遣先から声がかかることもあるでしょう。その際には、提示された給料など契約条件、今後自分がどのような経験、キャリアを積んでいきたいか、などを考慮して決断されると良いでしょう。

薬剤師派遣として働く際の注意点

1.社会保険、年金、薬剤師賠償責任保険

全て大丈夫です。通常、派遣元の派遣会社が加入してくれます。ここをおろそかにする派遣会社はまず選ばない方が良いでしょう。

運営企業が上場していたり、サイト内に「厚生労働大臣許可【紹介業】【派遣業】」の番号が記載されている事が確認される企業は、こうした心配は少ないでしょう。

とはいえ、一度はご自身で確認されるとより安心して働く事が出来るでしょう。

2.派遣先での仕事内容が提示された求人内容と相違している

実はよくあるケース、と言われます。

求人に書かれている内容・条件での仕事を想定していたところ、残業がとにかく長くなる・・・。
調剤よりも販売の仕事がメインとなっている・・・

仕事内容に相違を感じた場合には、派遣元に相談してください

通常は派遣元から派遣先へ抗議・確認がいきますが、それでも変わらないようであれば、その派遣元の発言力が弱すぎるのでしょう。派遣元を変えることをオススメします。

派遣薬剤師として働く場合、派遣先選びをするためにも条件をまずは明確にしておきましょう。働きたい調剤薬局、ドラッグストアなど系列があればそれも明示しておくと良いでしょう。

アインファーマシーズで働きたい、杏林同薬局で働きたい、ツルハで働きたい、などなど。

行動力のある薬剤師であれば、求人枠があるかどうかを確認してくれます。製薬会社も希望があれば伝えてみてください

こちらのページで薬剤師求人が見つかりやすい人材紹介会社をご紹介しています。